時流を先読みしたバランスの良い事業展開

3つの事業を発展してきた実績があります

バンザンには20年以上の実績がありますが、大きく分けると3つの事業によってさまざまなサービスを展開してきたことが、公式ホームページには紹介されています。
長い期間を通して、それら3つの事業をバランス良く発展させるためには、何が今求められているかの時流を的確に先読みしていくような力がどうしても必要です。
バンザンには未来にあるべき教育の姿を見る力があったからこそ、それぞれの事業はどれも多くの支持を得ながら、現在でも発展をし続けることができたのでしょう。

それぞれの3つの事業とは

バンザンの展開し続けている3つの事業に関してですが、まずは家庭教師事業においてのサービスを提供しているそうです。
バンザンでは都市部を中心にこちらのサービスを展開しているようですが、中学や高校、大学や医大受験の対策にとって最適なプロの家庭教師を派遣していく事業をここでは行なっているとのことです。
中学受験に特化している専門の家庭教師の派遣サービスとしては、一橋センシン会というのがあるそうで、多くの受験生が利用をしているようです。
次にオンライン家庭教師事業においてのサービスを、バンザンでは提供しているそうです。
これはオンラインを使って家庭教師提供をするサービスだそうで、ネットを介することで日本のどこに居ても、または海外に在住していても平等にサービスが受けられるということで、人気が高い事業のようです。
こちらのバンザンのオンライン家庭教師事業では、メガスタというサービスを提供しています。
この事業も生徒からの評判が良いようですが、ネットを利用する教育方法への先見の明があったバンザンならではの事業とも言えるのでしょう。
そして最後の事業ですが、スタディタウン事業におけるサービスの提供を行なっているそうです。
家庭教師事業を通じて培ってきた新しい学びのノウハウなどの映像をコンテンツ化するなどして、さらに発展させていく事業とのことで、こちらの事業でも都市部を中心にしたサービス展開をしているようです。
スタディタウンと呼ばれている事業は、誰もがびっくりするような学びを24時間、年中無休で提供しているサービスとのことです。

バンザンのニュースはこちら


時流に合った新しい事業を展開している

20年以上の月日の中で、バンザンではこれら3つの独自の事業を展開して発展してきましたが、特徴が分かれている3つの事業で目的に合わせたサービスを受けられるのは、受験生にとっても便利でしょう。
自分に最適なサービスだけを受けたり、いくつかを同時に受けたりと、独自のカスタマイズもできそうです。
そしていずれのバンザンの事業も結果を出していることで、生徒側や教師陣からしっかりと評価されているのも大変心強い限りです。
どうやら今後もバンザンの織りなす事業は、歩みを止めることなく、未来の学びの時流を読みつつ、常に新しい変革を求めている事業となりそうです。

早くからオンライン教育に参入してきた強みがある

EdTechを掲げてオンライン教育に参入してきた

EdTech(エドテック)という言葉は、教育という意味のEducationと、テクノロジーの意味であるTechnologyを融合した造語だそうですが、バンザンではこのEdTechを教育手法として早くから掲げているそうです。
これらの言葉の意味通りに、バンザンでは先進テクノロジーを使って、教育における新しいイノベーションを展開してきたようです。
オンライン教育の導入は、バンザンを利用している生徒と、バンザンで勉強を教えている教師のどちらにとっても、新しい変革をもたらすことができていて、ここ20年の間に積極的に取り入れてきたんだそうです。
ITの進化に伴い、今でこそオンラインが教育の場でも必要で便利なアイテムであるという認識があちらこちらでもされていますが、バンザンではいち早く活用をして、その恩恵に授かっていたようです。

新しい教育の変革をもたらす方法として

バンザンが掲げているEdTechは、世界においても実際に行われていて、メリットも早くから知られている教育の方法だそうです。
例えば欧米の一流大学などを中心に行われているオンライン講義は、早くから教育現場で採用されていますので、世界基準で見ればオンライン教育に参入することは、早ければ早いほど強みになるとも言えます。
オンライン教育というのは、インターネットの環境さえあれば、学習の時間や場所を生徒の都合に合わせられますし、学ぶ側にとっての利便性がグンと上がるアイテムになり得ます。
バンザンの掲げているEdTechの教育手法に基づいたオンライン教育の変革には、従来にはなかったメリットがありますし、早い参入によって現場で活かせるスキルやノウハウもバンザンには蓄積されてきたようです。
この点でバンザンは、日本の教育事業でありながら、世界視野の教育を育もうとする考え方が早くから根付いていた企業ということになるでしょう。

オンラインの利用で教育変革をする

従来の日本の学習スタイルというのは、塾や予備校へと自身が出向いて子供たちが通い、その場所で学習をすることが多かったですし、現在でもこのスタイルを続けている学習の場は多く存在しています。
また受ける授業というのも、多数の生徒が集団でひとりの教師から授業を受けることが多く、人数面からみても活発な双方のコミュニケーションというのは取りにくい授業スタイルです。
バンザンではこの従来の学び方に疑問を投げかけ、ここ20年で新しいオンライン教育をいち早く導入することで、ITを利用した世界基準の有益な教育の手法に並べるような変革を取り入れてきたそうです。
世界で利便性があると認められている、革新的な先進テクノロジーをどんどんと学びの場には取り入れていくべきであると考え、時代とともにさまざまな試行錯誤をしてきたようです。
日本の教育変革を先導していくのだという気概が、バンザンという企業の沿革からも感じられます。

休校休業が危ぶまれる時期だからこそのオンライン教育

現在の教育現場が抱える問題

2020年の年が明けてから、新型コロナウイルス問題が日本や世界各地で起こってしまいました。
このウィルスは未知であることと感染力も強かったことから、感染拡大を防ぐために政府より緊急事態宣言が発令されたことで、国内のあらゆる産業にその影響が波及していき、今なお先が見通せない状況です。
これらのことは当然、バンザンをはじめとしたさまざまな教育現場にも大きな影響を与えています。
政府の要請を受けて休校が続いた学校や休業を余儀なくされてしまった塾や予備校など、計り知れないほどのたくさんの混乱がそれ以降生じてしまっているのをバンザンでも危惧しているそうです。
このような事態での教育現場や家庭からは「新学年になったのに勉強が進まない」「学習時間が取れずに遅れが心配である」「受験の時期なのに対策が進められない」など今なお不安が寄せられています。
歴史上初めてのことなので混乱するのは仕方がないとしても、これから先の半年後、一年後などの状況の予測がつかない、先が見えない状況というのが、今後も教育現場が抱える大きな問題だとされています。

こういう時期だからこそ新しい学習方法を模索していく

やがていったんは緊急事態宣言が解除されましたが、先が見通せないことが続く限り、既存の教育の現場においては大きなダメージがいつまた起こるかもしれないと心配する方がほとんどでしょう。
既存の集団での授業では、感染の不安や懸念がいつまでも続くことが予想されていることで、できるなら別の手段で学習を進めていく必要性が日本の教育現場においても高まっているのです。
バンザンでは早い段階からネットを活用した学習の方法を推奨していたそうで、それらはバンザンのオンライン家庭教師事業のサービスなどにおいてすでに多くの実績を重ねてきたそうです。
確かに新型コロナで休校休業の心配があっても、オンラインでなら指導は可能であることから、バンザンのオンライン家庭教師のサービスというのは、ここへきてさらに見直されているサービスのようです。

学ぶ側と教える側の双方にとってメリットがある

コロナ問題が終息しない状態では、予備校や塾の講師の方々も現場で指導が出来ないなど、教える側の雇用や仕事にも支障が出てきています。
この点でも、バンザンのオンライン家庭教師の指導サービスを利用することで、教える側の教師にとってもオンラインを通じて、安全を確保しながら教育の仕事を続けることができるのだそうです。
これらのことから現在ではバンザンの事業である日本最大級のオンライン指導への申込が、教師の側からも急増しているそうです。
思いがけない時代になったとしても、安心して学ぶことができる権利と教える側の権利を失わせないバンザンのオンライン教育にメリットを感じて、賛同する人々も多いようです。

日常のさまざまなことがオンラインへと向かっている時代にオンライン教育は最適!

時代とともにさまざまなことがオンラインで繋がりだした

ITが時代とともに進化を始めた頃から、近年にかけて私たちの日常のさまざまなことが、オンライン化されてきています。
ショッピングもわざわざ店舗まで行かなくてもネットでできる時代ですし、今までは銀行やATMで手続きをしていた金融に関しても、今ではオンラインを利用している人々が増えてきています。
これは、オンラインを利用する時に必要となるスマートフォンやパソコンなどの端末が一般的になり、国民ひとりひとりの普及率が上がってきたことにも関係しているでしょう。
誰にとってもインターネットが身近なものとなり、オンライン化されたさまざまなシステムを利用しやすくなってきているのです。
こういった現象は教育の現場においても同じであり、利便性を求めてさまざまなオンライン化が、学びの場で利用されつつあります。
バンザンではこのオンライン化に特化したサービスを20年ほどの間に強化していて、積極的な試行錯誤をしてきたそうです。

早くから教育のオンライン化に向けて舵を切っている

バンザンは数ある教育機関の中でも、教育のオンライン化に早くから目をつけて、地道に着手してきたそうです。
バンザンの掲げている教育理念でもある「どこに居る子供でも地域格差がなく、望めば同じく中身の濃い教育を受けられるような学びの環境を提供すること」を、ITが可能にしてくれることに着目しているそうです。
離島に住んでいたり最適な学びの場が近所で見つけられない子供であっても、インターネットで繋がれば最先端の場所で受けているのと同じ高いクオリティの教育が平等に提供できるのを実証してきたそうです。
そういう教育理念を実現させる事業の一環として、バンザンにはオンライン家庭教師サービスがあるようです。

オンライン家庭教師は新しい学び方を可能にする

バンザンのオンライン家庭教師事業では、ハイレベルな家庭教師の教えを環境に左右されることなくどの子供にも平等に提供するために、画期的な学習指導法を駆使しながら実現しているそうです。
internetとwebカメラやマイクといった周辺機器など、ITテクノロジーを活用して、日本だけではなく世界にいる子どもたちに向けて、理想とする教育を提供できるとのことです。
たとえば諸事情によって子供たちがどこに住むことになっても、このオンライン家庭教師を利用するなら、地域格差を気にすることなくストレスフリーな学び方を可能にすることができるのだそうです。
実際にバンザンでは4万人以上の指導実績があり、さらに2万人以上の講師陣も在籍している学びの環境ですので、生徒や保護者にとっては心強いことでしょう。
バンザンでメインとなる講師というのも、学生のアルバイトではないプロの講師というのも、バンザンで学ぶ生徒たちの合格実績に大きく影響しているようです。
ベストな講師をマッチングさせて、いつでもどこでも都合に合わせてマンツーマンで教えられる学びの環境が、教育のオンライン化によってバンザンでは実現されているのだそうです。

安全安心のもとで受けられるオンライン教育とその未来像

教育現場が大きく変わりつつある

新型コロナのもたらしている問題は、バンザンやそれ以外の教育現場のあり方を、短期間で大きく変えつつあります。
現にこの春には政府からの緊急事態要請で、多くの公立私立学校、予備校や塾などの休校や休業などが相次ぎ、今までとは違った教育現場のあり方を国民全員が考えさせられたものです。
既存の教育の場で学んでいた生徒たちや指導する教師たちも、このいきなりの急激な変化に追いつき時流に合わせようと、現場での何らかの変革を求められ、今なおその途中なのです。
特に多くの生徒が一斉に集まって学習をする教室などの空間や、通学で利用する交通機関、互いに向き合い会話することによる飛沫の心配など、数え出したらいろいろな心配が出てきてしまいます。

教育現場での解決に向けて

こういった状況からいつになれば解放されるのかは、バンザンをはじめ日本中の教育機関においても、残念ながらまだよく分かりません。
けれども、バンザンが以前より提供しているオンライン教育でのサービスを利用することで、心配や問題のいくつかを解決することができることは認知されてきているようです。
オンラインを上手く利用すれば、密となる集団を作ることなく、交通機関も使わず、どこからでも安全安心のもとで生徒たちが学べることは、バンザンでは自信を持っているそうです。

オンライン家庭教師のメガスタディ/メガスタ

そういった流れを読んで、バンザン事業での方向性もオンライン教育へと加速度を上げつつあるようです。
新型コロナの終息がわからないことで再度の休校休業があっても、オンラインで指導することは可能ですので、オンライン家庭教師となる人材にさらなる力を入れて、全国からプロ講師を募集しているそうです。
教える教師陣にとってもオンライン教育を利用することで、都会や地方といった教育格差を解消できることから、社会的意義を強く感じているそうです。
またオンラインなので在宅での指導ができたり、マッチングで生徒をたくさん紹介してもらえるなど、メリットをたくさん感じている教師からの登録申請も増えているのだそうです。
ここ20年、バンザンではオンラインを活用することで合格実績を伸ばせた経験値もあるそうですし、生徒や教師陣からも多くの支持を得てきたとのことです。
これらのことからバンザンの掲げるオンライン教育は、指導方法としてこのような時代だからこそ確立していく手法のひとつだとも言えそうですし、今後もますますの発展が望めそうです。
利便性を突き詰めながらオンライン教育にみられるような画期的な学び方やモチベーションのアップとなる方法論などを極めていける教育の未来像を、これからもバンザンでは追求し続けていくそうです。