安全安心のもとで受けられるオンライン教育とその未来像

教育現場が大きく変わりつつある

新型コロナのもたらしている問題は、バンザンやそれ以外の教育現場のあり方を、短期間で大きく変えつつあります。
現にこの春には政府からの緊急事態要請で、多くの公立私立学校、予備校や塾などの休校や休業などが相次ぎ、今までとは違った教育現場のあり方を国民全員が考えさせられたものです。
既存の教育の場で学んでいた生徒たちや指導する教師たちも、このいきなりの急激な変化に追いつき時流に合わせようと、現場での何らかの変革を求められ、今なおその途中なのです。
特に多くの生徒が一斉に集まって学習をする教室などの空間や、通学で利用する交通機関、互いに向き合い会話することによる飛沫の心配など、数え出したらいろいろな心配が出てきてしまいます。

教育現場での解決に向けて

こういった状況からいつになれば解放されるのかは、バンザンをはじめ日本中の教育機関においても、残念ながらまだよく分かりません。
けれども、バンザンが以前より提供しているオンライン教育でのサービスを利用することで、心配や問題のいくつかを解決することができることは認知されてきているようです。
オンラインを上手く利用すれば、密となる集団を作ることなく、交通機関も使わず、どこからでも安全安心のもとで生徒たちが学べることは、バンザンでは自信を持っているそうです。

オンライン家庭教師のメガスタディ/メガスタ

そういった流れを読んで、バンザン事業での方向性もオンライン教育へと加速度を上げつつあるようです。
新型コロナの終息がわからないことで再度の休校休業があっても、オンラインで指導することは可能ですので、オンライン家庭教師となる人材にさらなる力を入れて、全国からプロ講師を募集しているそうです。
教える教師陣にとってもオンライン教育を利用することで、都会や地方といった教育格差を解消できることから、社会的意義を強く感じているそうです。
またオンラインなので在宅での指導ができたり、マッチングで生徒をたくさん紹介してもらえるなど、メリットをたくさん感じている教師からの登録申請も増えているのだそうです。
ここ20年、バンザンではオンラインを活用することで合格実績を伸ばせた経験値もあるそうですし、生徒や教師陣からも多くの支持を得てきたとのことです。
これらのことからバンザンの掲げるオンライン教育は、指導方法としてこのような時代だからこそ確立していく手法のひとつだとも言えそうですし、今後もますますの発展が望めそうです。
利便性を突き詰めながらオンライン教育にみられるような画期的な学び方やモチベーションのアップとなる方法論などを極めていける教育の未来像を、これからもバンザンでは追求し続けていくそうです。