休校休業が危ぶまれる時期だからこそのオンライン教育

現在の教育現場が抱える問題

2020年の年が明けてから、新型コロナウイルス問題が日本や世界各地で起こってしまいました。
このウィルスは未知であることと感染力も強かったことから、感染拡大を防ぐために政府より緊急事態宣言が発令されたことで、国内のあらゆる産業にその影響が波及していき、今なお先が見通せない状況です。
これらのことは当然、バンザンをはじめとしたさまざまな教育現場にも大きな影響を与えています。
政府の要請を受けて休校が続いた学校や休業を余儀なくされてしまった塾や予備校など、計り知れないほどのたくさんの混乱がそれ以降生じてしまっているのをバンザンでも危惧しているそうです。
このような事態での教育現場や家庭からは「新学年になったのに勉強が進まない」「学習時間が取れずに遅れが心配である」「受験の時期なのに対策が進められない」など今なお不安が寄せられています。
歴史上初めてのことなので混乱するのは仕方がないとしても、これから先の半年後、一年後などの状況の予測がつかない、先が見えない状況というのが、今後も教育現場が抱える大きな問題だとされています。

こういう時期だからこそ新しい学習方法を模索していく

やがていったんは緊急事態宣言が解除されましたが、先が見通せないことが続く限り、既存の教育の現場においては大きなダメージがいつまた起こるかもしれないと心配する方がほとんどでしょう。
既存の集団での授業では、感染の不安や懸念がいつまでも続くことが予想されていることで、できるなら別の手段で学習を進めていく必要性が日本の教育現場においても高まっているのです。
バンザンでは早い段階からネットを活用した学習の方法を推奨していたそうで、それらはバンザンのオンライン家庭教師事業のサービスなどにおいてすでに多くの実績を重ねてきたそうです。
確かに新型コロナで休校休業の心配があっても、オンラインでなら指導は可能であることから、バンザンのオンライン家庭教師のサービスというのは、ここへきてさらに見直されているサービスのようです。

学ぶ側と教える側の双方にとってメリットがある

コロナ問題が終息しない状態では、予備校や塾の講師の方々も現場で指導が出来ないなど、教える側の雇用や仕事にも支障が出てきています。
この点でも、バンザンのオンライン家庭教師の指導サービスを利用することで、教える側の教師にとってもオンラインを通じて、安全を確保しながら教育の仕事を続けることができるのだそうです。
これらのことから現在ではバンザンの事業である日本最大級のオンライン指導への申込が、教師の側からも急増しているそうです。
思いがけない時代になったとしても、安心して学ぶことができる権利と教える側の権利を失わせないバンザンのオンライン教育にメリットを感じて、賛同する人々も多いようです。