早くからオンライン教育に参入してきた強みがある

EdTechを掲げてオンライン教育に参入してきた

EdTech(エドテック)という言葉は、教育という意味のEducationと、テクノロジーの意味であるTechnologyを融合した造語だそうですが、バンザンではこのEdTechを教育手法として早くから掲げているそうです。
これらの言葉の意味通りに、バンザンでは先進テクノロジーを使って、教育における新しいイノベーションを展開してきたようです。
オンライン教育の導入は、バンザンを利用している生徒と、バンザンで勉強を教えている教師のどちらにとっても、新しい変革をもたらすことができていて、ここ20年の間に積極的に取り入れてきたんだそうです。
ITの進化に伴い、今でこそオンラインが教育の場でも必要で便利なアイテムであるという認識があちらこちらでもされていますが、バンザンではいち早く活用をして、その恩恵に授かっていたようです。

新しい教育の変革をもたらす方法として

バンザンが掲げているEdTechは、世界においても実際に行われていて、メリットも早くから知られている教育の方法だそうです。
例えば欧米の一流大学などを中心に行われているオンライン講義は、早くから教育現場で採用されていますので、世界基準で見ればオンライン教育に参入することは、早ければ早いほど強みになるとも言えます。
オンライン教育というのは、インターネットの環境さえあれば、学習の時間や場所を生徒の都合に合わせられますし、学ぶ側にとっての利便性がグンと上がるアイテムになり得ます。
バンザンの掲げているEdTechの教育手法に基づいたオンライン教育の変革には、従来にはなかったメリットがありますし、早い参入によって現場で活かせるスキルやノウハウもバンザンには蓄積されてきたようです。
この点でバンザンは、日本の教育事業でありながら、世界視野の教育を育もうとする考え方が早くから根付いていた企業ということになるでしょう。

オンラインの利用で教育変革をする

従来の日本の学習スタイルというのは、塾や予備校へと自身が出向いて子供たちが通い、その場所で学習をすることが多かったですし、現在でもこのスタイルを続けている学習の場は多く存在しています。
また受ける授業というのも、多数の生徒が集団でひとりの教師から授業を受けることが多く、人数面からみても活発な双方のコミュニケーションというのは取りにくい授業スタイルです。
バンザンではこの従来の学び方に疑問を投げかけ、ここ20年で新しいオンライン教育をいち早く導入することで、ITを利用した世界基準の有益な教育の手法に並べるような変革を取り入れてきたそうです。
世界で利便性があると認められている、革新的な先進テクノロジーをどんどんと学びの場には取り入れていくべきであると考え、時代とともにさまざまな試行錯誤をしてきたようです。
日本の教育変革を先導していくのだという気概が、バンザンという企業の沿革からも感じられます。